2011年7月12日火曜日

「私のICT技術ノート資料室」更新のお知らせ-2011年7月11日

7月11日は、「情報発信-PDF、テキスト、csv加工」  http://www5.atpages.jp/komunikado/farado_de_pdf.html を新規公開しました。
さらに、一部資料を改訂し、7月12日未明に更新しました。

震災前も、震災発災後も、行政機関や企業のサイトでは、PDFファイルでの文書の公開が多くなっています。
視覚障がい、特に、スクリーンリーダーソフト使用者にとっては、PDFファイルは扱いにくいです。
なぜならば、サイトで公開されているPDFファイルの多くは、文字情報がないので、スクリーンリーダーソフトは読み上げません。
さらに、スクリーンリーダーソフトでの読み上げ順序が、必ずしも、文書の通りになりません。

よって、スクリーンリーダーソフト利用者に対してはどのように提供するかの実例として公開しました。
  岩手県では、県外と同じく、弱視の方が増えています。そのため、PDFファイルで、公開しました。

ぜひ、情報を提供する方は、見ていただきたいと思います。

スクリーンリーダーソフト利用者にも作っていただけるように、読み上げを記載しました。ぜひ、当サイトを使って、情報提供者へのご指導をお願いいたします。

最近は、ダウンロードする際に、アイコンを見ればわかるが、読み上げでは「リンク」としか読まないので、自分の欲しいファイルを入手できないという例をよく聞きます。

そういうサイトを見つけたら、ツイッターで喝を入れたいと思います。

いいサイトもツイッターで「天晴」と紹介したいと思います。

わが県は「天晴」が多いと思いますが、楽しみです。

2011年7月10日日曜日

「私のICT技術ノート資料室」更新のお知らせ-2011年7月10日

 ただ今、「私のICT技術ノート資料室」を更新しました。
 「情報収集-web」を新設しました。

今回は、FocusTalkでInternet Explorer9を使う際の設定の資料を公開しました。
Internet Explorer9からは「情報バー」から「通知バー」に変わりました。
まだ、FocusTalkでは、「通知バー」のテキスト文を読み上げないなどの対応ができていません。

PC-Talkerでは、下記のwebページにある通り、対応しているようです
「Internet Explorer 9 Q&A」
http://www.aok-net.com/service/ie9qa.html

Windiows Vistaと7では、WindowsUpdateを通じて入手できます。
Windows XPの方は今まで通り、Internet Explorer8をお使いください。

Internet Explorer 9 の自動更新による配布
http://technet.microsoft.com/ja-jp/ie/gg615599

今回より、資料の公開方法を変更しました。
従来は、PDFファイルとテキストファイルだけでしたが、今回の更新より、テキストhtmlが加わります。

webでは、テキストファイルへのリンクはエディターではなく、ブラウザです。

ブラウザで開くと、FocusTalkをはじめとするスクリーンリーダーソフトで、一行、または1文字読みができません。全文読みしかできません。
そこで、テキストファイルをhtmlファイルに変換して公開することにしました。
現在、使用しているサーバーの関係で広告が入りますので、ご了承願います。

保存する場合は、テキストファイルの方をご利用ください。

スクリーンリーダーソフトでPDFファイルを利用に関しては、後日公開します。

それでは、「情報収集-web」http://www5.atpages.jp/komunikado/retumilo.html へご移動願います。

2011年6月14日火曜日

ブログ名の変更

 「私のIT技術ノート資料室」改め、「私のICT技術ノート資料室」と名前を変えましたので、このブログの名前を変更しましたので、よろしく、お願いいたします。
私のICT技術ノート資料室 @onkloma_ik とツイッターも開設しましたので、フォローをお願いいたします。

2011年5月2日月曜日

被災してその1-通信とインターネットでの体験

 3月11日午後2時46分に、自宅で被災した。故障したパソコンを見てもらおうと盛岡市へ車で行こうとして、車庫に向かおうとした時であった。すぐに、停電した。すぐ、ラジオを聞き、携帯メールで職場に連絡をした。携帯電話は通じなかった。
 パソコンが故障し、停電したので、ADSLモデムとルーターの電源は切れたままである。
 固定電話もFAX兼用のため、電源が入らず、只の置物と化した。黒電話は、奥にしまったままであった。

 ラジオで情報を得、携帯からツイッターを通じて、情報発信をした。
 地元民放局(岩手放送ラジオ)と、NHK秋田第2放送だけが送信を続けていた。
 携帯も電源が切れてからは、これも只の箱と化した。
 ラジオも電池を確保するために、手動で発電して聞いた。
 ツイッターは現在も稼働しており、主な情報発信となっている。http://twitter.com/#!/onkloma

 母の実家に水をもらいに行った後、乗用車を使わなかった。ラジオでガソリンスタンドが閉まり、信号機が作動していないと報じていたからである。
 津波が来なかった。停電は13日の昼まで続いた。

 通電するまで辛かったのは、「睡眠時無呼吸症候群」の治療のための機器 CPAPが使えなかったことである。通電して機器をつかって眠るまで、半分起きて、半分寝ていた状態になった。
 続く