2009年1月17日土曜日

Windows7 Betaを入れてみました。-その2

 インストールが完了したのは、1月17日未明でした。
 インストールは「カスタム(詳細)(C)」を選択しました。


 まだ、Beta版のためか、日本語に訳しきれていない箇所がいくつか見受けられました。

 インストール後の動作について述べます。

 本体のWindows Vistaと比べると、全体的に動きは遅いです。
 特に、入力操作してからの反応が遅いです。

 MS Virtual PC 2007の設定でメモリを1024MBにしましたが、改善されませんでした。

 さらに、MS Virtual PC 2007の設定で、サウンドを有効にしましたが、サウンドデバイスが入っていないとのことで、起動時も終了時も、起動中も無音でした。
 同様にディスプレイ ドライバの導入も必要でした。
  webでは、WindowsXPの環境でさえも、「アップグレード(U)」でインストールすると、軽快な動きであることを多く目にしています。

 上記の現象が起こった原因は、MS Virtual PC 2007自体が、Windows7 Betaに対応していないためか、それとも、仮想マシーン上での動作のためかは、未だ不明です。

 今後もいろいろと情報を集めたいと思います。できれば、Windows7 Beta対応のMicrosoft Virtual PCの公開を待ちたいと思います。

以上

0 件のコメント: