2009年1月17日土曜日

私から見たWindows 7

 仮想マシーンですが、Windows 7 Betaを入れてみて、さらに、現時点でのWebでの情報を私なりに調べてみて、下記のことを感じました。

1.Windows7は、事実上のWindows Vista SP2である。これを強く感じました。
(1)Windows Vistaも使いこなしていない私でもすんなり、操作できました。
(2)Vistaから導入された「検索機能」、「ユーザーアカウント制御」等の新しい機能は、さらに改善、強化されて残っています。ガジェットの表示は選択できるようにされています。
(3)以上のことから、今、Windows Vistaに切り替えても、損ではないと思います。

 Microsoft社には、Vista使用者に対して、「懐にやさしい」適正価格での提供を強く望みます。無料で提供してもいいのではないかと思います。

2.Windows XPの使用者の大半も取り込むであろう。
 私は、まだ、実際に目にしていませんが、Windows XP搭載パソコンでも、問題なく、アップデートできるという情報を耳にしています。
 今回のβ版公開により、Windows7の優位性が広まれば、XP使用者には、Vistaに切り替えなかったことへの後悔が出てくるのではないかと思います。

 さらに、XP利用者に対しても「懐にやさしい」適正価格で出せば、間違いなく、取り込むことができると思います。

 以上のことより、「私のIT技術ノート資料室」に公開する資料の作成を急ぎ、公開の頻度を多くしたいと思います。

以上

0 件のコメント: